仏具のお手入れ(おみがき)

日頃使っている仏具。ろうそく立てや花瓶、香炉のお手入れ方法(おみがき)について紹介します。最近の仏具は様々な素材からできていますが、今回紹介するのは真鍮(しんちゅう)で出来ているもののお手入れ方法です。

薬品を付けて磨き上げるので、「おみがき」と呼ばれます。

必要なものは、

軍手・ボロ布(柔らかいもの)・ピカール(研磨剤)・ピカールを入れる器が基本で、

細かい箇所を磨くはみがき・汚れない用の新聞紙など適時用意ください。

※ピカールはホームセンターで「ピカールください」というと店員さんはほとんど分かります。

ここからおみがきしていきます。

ピカールを器に出します。

一例として、ロウソク立てを磨いていきます。

外せるものは全て外してから磨きます。(間にピカールが残ってしまいます)

ピカールを塗り、あとは力を入れて布で磨いてください。

写真では分かりにくいですが、黄色くくすんでいたのが、白っぽく輝きます。

こんなに真っ黒になりました!

お寺の仏具を全部磨くとこうなります。

 

智広寺では、お彼岸やお盆、報恩講前に「これが全部金でできてたらいいのにね~」なんて雑談しながら、皆さんとワイワイおみがきしています。

おみがきの仕方が分からない方は是非が参加ください。ご自宅の仏具を持ってきてもかまいません。何十年も手入れしていなかった仏具も新品のようになりますよ!